2018年度ドラフト会議の結果!!  

2018年度ドラフト会議の結果!!

こんにちは、柳涼介です!

ついに!
運命のドラフト会議が行われました!!

ドラフト会議とは・・・
高校、大学、社会人のプロ志望届を出した人の中で各球団が評価した人を指名し、
指名が重なった場合はクジを引いて交渉権を決めるというもの。

今年はどんな人がどの球団に入るのか?と毎年楽しみにしています。
夏の甲子園も観て参考にしています。
今年の注目は、優勝した大阪桐蔭高校の根尾君と藤原君、準優勝の金足農高の吉田君ですね。

まず、この3人の結果は・・・
根尾君はドラフト1位で中日が交渉権を獲得!
藤原君はドラフト1位でロッテが交渉権を獲得!
吉田君は、外れ1位で日本ハムが交渉権を獲得!
みなさん本当におめでとうございます!

中日ドラゴンズはほぼ地元の根尾君の交渉権を獲得できて良かったのではないでしょうか。
今年は荒木選手、岩瀬選手、浅尾選手という中日ドラゴンズのスター達の引退があったので、
岐阜出身の根尾君の獲得は大きいと思います。

千葉ロッテは平沢選手(仙台育英)、安田選手(履正社)に続き長距離バッターを獲得しました。
3人とも若いので、上手く育って開花すれば強力打線になること間違いなしですね。

そして日本ハムは、去年の清宮選手に続いて潜在能力の高い吉田君を獲得しました。
秋田県出身なので、楽天でも良いかな?と思ったのですが、日本ハムも近いので良かったと思います。
高校の先輩の石山投手のいるヤクルトでも良かったかな~。

来年から活躍するのを楽しみにしています!

ちなみに大阪桐蔭高校から4人指名されたのですが、これは史上最多タイなんです!
それほど今年は良い選手がいたんですね~。
春夏連覇も納得です。

ドラフトは1位が注目されますが、それ以外でもその後活躍する選手もたくさんいます。
イチロー選手はドラフト4位でオリックスに入団しました。
その後天才的な才能を開花させ、メジャーリーグでも活躍しました。
そう思うと、ドラフトって1位だろうが下位だろうが関係ないんかなって思いますよね?
プロに入ればみんな同じ土俵に立ってるから、あとは自分の伸びしろと絶え間ない努力が自身を成長させるのではないかと思います。
(みなさんそれぞれ努力してると思いますが・・・)

これからの活躍を期待しています!!

2018年度ドラフト会議の結果はこちら!!

セ・リーグ

広島
1位・小園 海斗
2位・島内 颯太郎
3位・林 晃汰
4位・中神 拓都
5位・田中 法彦
6位・正随 優弥
7位・羽月 隆太郎

ヤクルト
1位・清水 昇
2位・中山 翔太
3位・市川 悠太
4位・濱田 太貴
5位・坂本 光士郎
6位・鈴木 裕太
7位・久保 拓眞
8位・吉田 大成

巨人
1位・高橋 優貴
2位・増田 陸
3位・直江 大輔
4位・横川 凱
5位・松井 義弥
6位・戸郷 翔征

DeNA
1位・上茶谷 大河
2位・伊藤 裕季也
3位・大貫 晋一
4位・勝又 温史
5位・益子 京右
6位・知野 直人

中日
1位・根尾 昂
2位・梅津 晃大
3位・勝野 昌慶
4位・石橋 康太
5位・垣越 建伸
6位・滝野 要

阪神
1位・近本 光司
2位・小幡 竜平
3位・木浪 聖也
4位・斎藤 友貴哉
5位・川原 陸
6位・湯浅 京己

パ・リーグ

西武
1位・松本 航
2位・渡邉 勇太朗
3位・山野辺 翔
4位・栗津 凱士
5位・牧野 翔矢
6位・森脇 亮介
7位・佐藤 龍世

ソフトバンク
1位・甲斐野 央
2位・杉山 一樹
3位・野村 大樹
4位・坂東 勇梧
5位・水谷 瞬
6位・泉 圭輔
7位・奥村 政稔

日本ハム
1位・吉田 輝星
2位・野村 佑希
3位・生田目 翼
4位・万波 中正
5位・柿木 蓮
6位・田宮 裕涼
7位・福田 俊

オリックス
1位・太田 椋
2位・頓宮 裕真
3位・荒西 祐大
4位・富山 凌雅
5位・宜保 翔
6位・左澤 優
7位・中川 圭太

ロッテ
1位・藤原 恭大
2位・東妻 勇輔
3位・小島 和哉
4位・山口 航輝
5位・中村 稔弥
6位・古谷 拓郎
7位・松田 進
8位・土居 豪人

楽天
1位・辰巳 涼介
2位・太田 光
3位・引地 秀一郎
4位・弓削 隼人
5位・佐藤 智輝
6位・渡辺 佳明
7位・小郷 裕哉
8位・鈴木 翔天

※育成ドラフトは記載してません


今回の記事良かった!と思ったらいいね!やシェアお願いいたします!

感想等があればメッセージをお待ちしております!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク