オークション時の注意!!

こんにちは、柳涼介です!!
自己紹介はこちら

最近インターネット(Wi-Fiも)を使用できるマンションに引っ越したのですが、
何故かパソコンの無線LANがWi-Fiを検知せず、
スマホでブログを書いています(^^;)
スマホはWi-Fiに繋がるんですけどね~(汗)
どうにか改善したいと思います!

さて、前からヤフオク!で片付けついでに不用品の出品をしていて、
1月の売り上げは、だいたい2万円程でした。
あまり伸びてないのは、アカウントを停止されていたからです。
何故アカウント停止されたか?
詳しくはこちら

今回はヤフオク!以外にもオークションやフリマアプリ等で、出品や落札するときに気をつけなければならない事を自分なりに書いていきます!

まず出品時の注意は、

ブランド品は必ず本物を出品する!
これは、各サイト等のガイドラインにも載っています。
アカウント停止や削除ならまだしも、最悪実刑が課されるので気をつけてください!

出品物の写真や説明はしっかりと!
全体の写真はもちろん、キズ等があれば隠さないで写真と説明を加えてください。
後々のトラブルを防ぐ為でもあるので、
中古品なら特に細かく説明しましょう。

梱包は丁寧に!
僕の場合、家にあった箱を使って梱包していました。
梱包材はホームセンターなどで売っているので、
是非活用してください。
商品をプチプチなどで包むと良いですよ。

発送はできるだけ早く!
発送のタイミングはサイトが教えてくれるので、
落札されたらすぐ梱包作業に入って、いつでも発送できるようにしておきましょう。
僕は自宅近くにコンビニがあったので、通勤途中に出していました。
コンビニの端末でレシートを出して、レジで発送伝票を貼るだけなので、所要時間は5分ぐらいです。
(混んでる時間帯は避けた方が無難ですね)
送料を自己負担にしている場合は月末にまとめて請求されるので、その場で支払う必要はないです。

自分で全てしないといけないので、やることは多いです。
でも、基本的に全て丁寧にしていたら、購入してくれた方に喜ばれますし、良い評価は自然とついてきます。
意外と梱包している時が楽しかったりするんですよね(笑)

落札時の注意は、

商品をよく見て、全て自己責任で落札しましょう!
僕もやっちゃったんですが、特にブランド品なんかは偽物を出品している人が存在する(本当はやってはいけない事です)ので、出品者の評価はもちろん、
商品の写真をよく見て判断して落札してください。

気になる事があればどんどん質問する!
オークションになると、制限時間と他の落札者があるため、その場の勢いで落札しがちになると思いますが、商品について少しでも気になる事があれば、
出品者に質問しましょう。
自分が納得するまで聞いて落札するようにしましょう。

他にこんな事も!?
以前出品中の商品(カメラ)に質問がきました。
内容は英語。
英語はあまり得意ではないのですが、たぶんこんな感じの事を書いていました。
「あなたの出品しているそのカメラを私に売ってくれませんか?いくらまで下げられますか?よければこのメール(メールアドレスが書いていました)もしくはLINE(LINEIDも書いていました)でやり取りしませんか?」
なにこれ?って感じです。
スルーしていたんですが、気になるので調べました。
そしたら、ナイジェリア詐欺と呼ばれるものらしく、内容はこんな感じです。

ナイジェリア詐欺とは、質問欄からオークション外取引を持ちかけ、代金を支払わず商品をだまし取る手口です。
■主な傾向
・主に英語で、あなたの商品を買いたいといった質問がきます。
※最近、翻訳サイトで翻訳した日本語の質問も見られています
・オークション外で、メールアドレスで取引を行われ、商品発送後に「入金されない」といったトラブルに発展しています。
ご注意
オークションシステムを利用せずに直接取引を行うことは利用規約違反で、トラブルに巻き込まれる可能性があるため、返信しないでください。
※これはヤフオク!から引用しました。

こんな事があるんや!?って感じですね。
でも、明らかに怪しいので一切触れていません。
この他にも詐欺の手口があるようなので気をつけてくださいね!

これからオークションやフリマなどをやる方や、
やり
これらに気をつけながらやってください!!

一緒に頑張っていきましょう(o^^o)


ランキングに参加しています!

初心者・お小遣い稼ぎランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村


サークルにも参加しています!
ブロトピ:ブログ更新しました♪

ブロトピ:ブログ更新しました!

ブロトピ:ブログ更新しました

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク